採卵前にできること(栄養編①)

こんにちは!

美しさと子宝を導くナビゲーター、鈴木聡美です!

 

今回は採卵前にできること栄養編をお伝えします。

 

皆さまはビタミン系、葉酸、鉄などの栄養素が妊娠に必要だということはご存知かと思います。

 

これらの栄養素は細胞の成長や血流に関する栄養素になります。

 

では卵子は何からできていると思いますか?

 

 

卵子は

 

 

たんぱく質でできています。

 

たんぱく質は太るというイメージをお持ちかもしれませんが

実はとても重要でできれば多く摂取していただきたい栄養素です。

 

摂り方によっては脂肪になりますが

糖質を摂るよりも太りません。

 

たんぱく質は

身体の組織をつくり

髪の毛や爪などをつくり

 

そしてその残ったタンパク質が卵子の材料なります。

 

 

タンパク質不足の所見として

 

・爪が割れやすい

・爪にシワができている

・抜け毛、白髪が多い

 

皆さまは当てはまりますか?

 

1つでも当てはまる方は

これから食生活を見直してみてください。

 

糖質を減らし

タンパク質を積極的に摂取します。

 

1日の理想のタンパク質摂取量は

 

あなたの身長に対する適正体重(g)×1.5

 

例)身長160cmの場合

適正体重=身長(m)×身長(m)×22で計算します。

1.6×16×22=56.32kg

 

1日のタンパク質摂取量は

56.32×1.5=84.48g/日

 

となります。

 

食事だけで補うのは難しいのが現状です。

 

実際ステーキ肉100gでもタンパク質の量は20gほどです。

 

そこでプロテインを活用します。

プロテインは筋トレをした後に飲むイメージで筋肉がつくのでは?!と懸念されますが

 

 

筋肉はつきません!

 

そして1回あたりの摂取量が多くなければ脂肪にもなりません。

 

なので安心してご活用いただけばと思います。

 

私自身、おやつもたんぱく質を意識して

プロテインバーを食べたり

プロテインを飲んだりしています。

 

特に採卵時に

空胞や変性卵になりがちの方

たんぱく質が足りていません。

 

イコール材料が足りていないということになります‼

 

これから採卵を控えている方、妊娠に向けてこれからスタートを切る方は

参考になさってみてください。

 

1日でも早く皆さまが子宝に恵まれますように…!

 

次回は

採卵前にできること栄養編②をお伝えします!

 

 

 

 

藤が丘ティーダ鍼灸整骨院 不妊子宝専科

投稿者プロフィール

Satomi Suzuki
Satomi Suzuki

藤が丘ティーダ鍼灸整骨院 不妊子宝専科


ティーダ鍼灸整骨院 不妊子宝専科

【住所】 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-28-17 T.BOX 3F
【アクセス】 東急田園都市線「藤が丘駅」徒歩3分
【診療時間】 9:00~19:00
【休診日】 日・祝
お電話でのお問い合わせはこちら


045-507-4989