身体は冷やしてはいけない?!【採卵編】

こんにちは!

神奈川不妊子宝センター責任者の鈴木聡美です。

11月は雨も多く、そして急に寒くなりましたね。

 

寒くなったからこそ手足やお腹などの冷えが気になり

冷えないように防寒されるかと思います。

 

ホッカイロや腹巻、防寒グッズで常に身体が温まっている状態は

 

自分自身で冷え症体質に足を踏み入れている状態になっているのです。

 

それはなぜか?

身体が冷えているときは

血管が収縮している状態

 

身体が温まっているときは

血管が拡張している状態です。

 

人間には体温の調節機能がありますので

冷えていると身体を温めようとします。

ある程度身体が温まったら

これ以上熱くならないように放熱をします。

 

このバランスが十分に備わっていると

身体は外気の影響を受けようとも身体をしっかりと守ることができます。

 

しかし、常に温めている状態になると

身体が熱くならないように毛穴が開き、汗や気で体温が逃げてしまいます。

汗で手足が冷えるといった方に当てはまります。

 

冷えているときは身体を温めようと新陳代謝が上がります。

ポイントは自分自身で代謝を上げていくこと

 

風邪で発熱すると汗や排尿などで身体の熱を取ろうとします。

 

考えとしては

「身体を温める必要はない」

ということです。

 

先程も身体が温まりすぎると毛穴が開き熱が逃げ過ぎてしまうとお伝えしました。

不妊治療をおこなうなかで冷えは良くないという事をよく聞きますが

温めすぎは良くないというのが私の答えです。

 

そして卵子は熱に弱いため

採卵周期で卵胞を育てている段階でお腹を温める行為はNGです。

 

血流を良くする≠温める

です!

 

血流はとても大事です。

血流を良くする方法は

 

血管の収縮と拡張を繰り返すこと

この時期は外気も冷えているため

血管の収縮と拡張運動を活発にする絶好のチャンスです。

 

私、鈴木聡美は今季の冬は

ヒートテックに頼らずに身体をあたためられる身体を作ることを目標にしています。

なので今月寒くなってから一度も着用しておりません。

 

体質が変われば妊娠に向けて前進することができます。

現在、採卵で頑張っている方の参考になればと思います。

 

たくさんの新しい命が誕生しますように・・・!

藤が丘ティーダ鍼灸整骨院 不妊子宝専科

神奈川不妊子宝センターティーダ鍼灸整体院


ティーダ鍼灸整骨院 不妊子宝専科

【住所】 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-28-17 T.BOX 3F
【アクセス】 東急田園都市線「藤が丘駅」徒歩3分
【診療時間】 9:00~19:00
【休診日】 日・祝
お電話でのお問い合わせはこちら


045-507-4989