妊娠するためには…

こんにちは。

妊娠力と子宝を育むナビゲーターの鈴木聡美です。

 

妊娠するためにできることは?

 

という疑問を抱き、運動やサプリメント、ヨガや鍼灸などできることを見つけて努力している方が多いかと思います。

 

そして、妊娠するために必要なこと

 

私が日々臨床を行なっている中で感じたことは

 

『忍耐力』が必要であることです。

 

 

この世の中は「スピード化社会」です。

 

何を行うにも便利な世の中になりスピード化しています。

 

レストランでも注文したメニューが早く出てくる

 

何かを調べる時もネットで調べればすぐに出てくる

 

「すぐ〇〇できる」のが当たり前になっています。

 

果たしてすぐに〇〇できるのが本当に良いことなのでしょうか?

 

体質を変えるのに3ヶ月から半年はかかると言われています。

もちろん個人差はあります。

 

 

長年、自分の身体に鞭打ってきた身体

長年、冷えに悩んでいて何をしても改善しない

長年、運動をしないので体力がない

ここ何年か痩せにくくなっている

 

長年自分の体質に自信がない方は

体質を変えるのに時間がかかります。

 

 

すぐに結果を求めるあまりに

すぐに結果が出ないと

努力することを諦めます。

 

その繰り返しで自分の身体は変わりますか?

 

「妊娠する力」はすぐに育めるものではありません。

 

妊娠する力=妊娠を維持させる力

 

と考えております。

 

妊娠し赤ちゃんがお腹の中で成長するためには

母体の環境を作らなくては同じことの繰り返します。

 

そして便利な世の中だからこそ

 

あれも欲しい、これも欲しい

 

と欲求ばかりが先走ります。

 

何かを得るためには何かを捨てなくてはいけない

 

命を育む身体を作ることは

容易ではありません。

 

妊娠は命がけです。

母体が命を育む身体でない限り

赤ちゃんはお母さんの命を優先し

着床することをやめていると私は思います。

 

なので妊娠するための身体は

ある程度時間をかけて整えて基礎を作っていった方が良いと考えております。

 

 

うまくいかなくてもすぐに諦めない。

 

妊活を続けるコツは

 

目の前にある自分ができることを行い続けること

 

・1日5分ストレッチをする

・1日1つお灸をする

・1日〇回腹式呼吸をする

 

など小さな努力が大きな成果になります。

 

もちろん自分のライフスタイルの中でできる範囲で。

 

生活水準のハードルをあげないこともポイントです。

 

 

無理に時間を作らない

無理にお金を投資しない

 

自分のライフスタイルの中でできる範囲で取り組むことが大切です。

 

早く結果を求めるあまりに焦って

不安になると交感神経が優位になり

 

末梢血管が収縮し身体がさらに冷えてしまいます。

 

 

悪循環ですよね?

 

 

妊活の目標期間を定め

(3ヶ月〜年内など)

その間、自分ができることを少しずつ行う

 

目標設定も妊活をポジティブに向き合えるコツです。

 

妊活は先の見えないトンネルだからこそ

目標をしっかりと設定し

目標の期間、自分にできること、できる範囲のことを考えて少しずつ努力し続ける

 

うまくいかなくても

犯人探しをせず

 

耐えて、次のチャンスに向けて

進むのみです。

 

うまくいかなくても

それが自分の道しるべだと思えば

次を見据えて進めます。

 

出産というゴールまで

時間が許す限り

目の前にあるできることを諦めないこと

 

思い描いた通りいかなくても

すぐに結果が出なくても

 

忍耐です。

 

堪えたその先には必ずゴールがあります。

 

1人でも多くの方が子宝に恵まれますように…!

藤が丘ティーダ鍼灸整骨院 不妊子宝専科

投稿者プロフィール

Satomi Suzuki
Satomi Suzuki

藤が丘ティーダ鍼灸整骨院 不妊子宝専科


ティーダ鍼灸整骨院 不妊子宝専科

【住所】 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-28-17 T.BOX 3F
【アクセス】 東急田園都市線「藤が丘駅」徒歩3分
【診療時間】 9:00~19:00
【休診日】 日・祝
お電話でのお問い合わせはこちら


045-507-4989