生理周期を見直し妊娠へ!

こんにちは!

今回も「温活」についてお話ししたいと思います。

正しい温活をし、

妊娠しやすい身体づくりを目指しましょう!

「温活」とは

冷え症を改善し、

様々な症状を緩和させ

健康体になる

ざっくりまとめるとこう言ったことです。

確かに、体温を上げた方が

免疫力がアップし

病気になりにくい

また

基礎代謝が上がるので

太りにくくなる

しかし

ただ単に

年がら年中温めっぱなし

はNGです。

女性には生理周期がありますね

卵胞期に生理が始まり

体温が低くなっています。

この時に長時間の温めはNGです。

卵胞は

温度が低い方が育ちやすい

いわゆる

熱に弱いという事です。

そして排卵後、

黄体期に入ります。

体温は高くなります。

受精卵が着床し

今度は受精卵を育てるために

温が必要なのです。

鳥が卵を孵化させるのに

自分自身の体温で温めている光景を

目にしたことがあるかと思いますが

まさにそれと同じ。

ポイントは

低温期に

熱を溜めないこと

熱がこもるも

卵が育ちにくくなります。

しっかりと熱を逃がしてあげることが大事です。

代表的な例は

下腹部の張り

下腹部の張りは

熱が篭り

気血が鬱滞している状況を表します。

お腹周りの熱を篭らせないためにも

腹巻の圧迫で

お腹を締め付けるのは避けましょう。

余計に気血が鬱滞してしまいます。

もちろんホッカイロもNGです。

これから妊娠に向けて

まずは冷え症を改善したいと思った時

この事を頭に入れておいて頂ければと思います。

代謝を上げて痩せたいという方も

良いホルモンバランスが

代謝を上げて、痩せるという事に近づきます。

女性は特に

ホルモンバランスは大事です。

春のこの時期は

熱が発散されやすい季節となっております。

身体に熱を溜めない事

女性の身体は

温めが嫌な時もあれば

好む時もある

生理周期に合わせた温活

始めてみませんか?

藤が丘ティーダ鍼灸整骨院 不妊子宝専科

投稿者プロフィール

funinkodakara

藤が丘ティーダ鍼灸整骨院 不妊子宝専科


ティーダ鍼灸整骨院 不妊子宝専科

【住所】 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-28-17 T.BOX 3F
【アクセス】 東急田園都市線「藤が丘駅」徒歩3分
【診療時間】 9:00~19:00
【休診日】 日・祝
お電話でのお問い合わせはこちら


045-507-4989

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA