早起きは三文の徳

こんにちは!

不妊鍼灸専門家の鈴木聡美です。

 

よく皆さんが耳にする

「早起きは三文の徳」という言葉

 

実は妊活、不妊治療においても当てはまる言葉なのです。

 

早起きをすると…

 

エンジンが活性化されます

ミトコンドリアは身体の細胞のエンジンとなっている組織です。

ミトコンドリアを活性化させるには朝の行動が鍵を握ります。

 

朝は眠くてやる気が起きないかもしれませんが、自分に喝を入れ身体を動かすとミトコンドリアを活性化させることができます。

 

ミトコンドリアを活性化させるということは細胞を活性化させることができます。

 

つまり、ミトコンドリアの活性化は

卵子や精子の活性化にも影響があります!

 

採卵がうまくいかない、体外受精や顕微授精を行うもののうまくいかないと言った方には特に意識していただきたいと思います。

 

朝20分でも良いので朝ウォーキングをすることはおすすめします。

 

朝のウォーキングができない時は自宅でストレッチやヨガを行うのも良いでしょう。

 

もちろん、体調が優れない時、疲れている時は無理をせず長い目で見ていきましょう。

 

やる気スイッチが入る

 

よく「やる気が起きないんです」と言う方が多いのですが、ではどうしたらやる気が起きるのでしょうか?

 

それは

 

身体を動かすことです!

 

 

ゴロゴロ寝ていて身体に良いのか?

と自問自答してみてください。

 

 

もちろん答えはNOですね。

 

やる気スイッチは自分が持っています。

 

その硬いスイッチを入れるには

頑張って身体を動かすことが必要です。

 

赤ちゃんを授かる為に…!と自分に喝を入れましょう。

 

もちろん熱がある時はなどはゆっくり休みましょうね。

 

1日の時間を有効活用できる

 

私は朝早く起きて仕事をしたりしています。

仕事の前にはヨガを行います。

 

するとやる気スイッチが入り仕事をすることができます。

 

普段臨床中にできない仕事は朝行います。

するとより患者様の施術に集中することができます。

 

早起きをして細胞を活性化させているので更に集中力が高まります。

 

1日24時間しかない、そのうちの1/3は眠っています。

 

残りの2/3をどう活用するのか

 

それは朝の時間を有効活用することです!

 

私も実践していますが

朝少しでも早起きをし身体を動かすと身体の中から温かくなり、身体も軽くなります。

 

女性の卵子は日々減少傾向にあります。

限られた時間の中で自分の中に生きる卵子を大切にしなくてはいけません。

 

朝身体を動かしミトコンドリアを活性化させ

細胞を元気にしていくことが不妊治療にはとてと必要です。

 

あなたの中で眠っているミトコンドリアを活性化させ細胞を元気にしましょう!

藤が丘ティーダ鍼灸整骨院 不妊子宝専科

藤が丘ティーダ鍼灸整骨院 不妊子宝専科


ティーダ鍼灸整骨院 不妊子宝専科

【住所】 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-28-17 T.BOX 3F
【アクセス】 東急田園都市線「藤が丘駅」徒歩3分
【診療時間】 9:00~19:00
【休診日】 日・祝
お電話でのお問い合わせはこちら


045-507-4989