不妊に東洋医学?

こんにちは!

 

不妊鍼灸しんきゅうアドバイザーの鈴木聡美です。

 

不妊治療でなかなか授からない、妊娠するためにはどうしたら良いのだろう?

とインターネットや人伝に「鍼はりが良い」という情報を得ると思います。

 

そもそも鍼はりって何?

鍼を刺してどうなるの?

 

と疑問や不安を抱えている方が多いかと思います。

 

今回は鍼灸しんきゅうの根源である東洋医学についてお話をしていきます。

 

世の中の医学は

西洋医学

東洋医学

この2つに分かれます。

 

日本で主流となっているのは西洋医学です。

 

西洋医学とは・・・

病気や不調、ケガに対し外部の力

(薬や外科手術など)で治すこと、症状を緩和させること

不妊治療においては子宮筋腫やホルモン補充も西洋医学的な医療です。

 

対して東洋医学とは・・・

本来、自身が持っている「身体の不調、機能の低下を自力で改善する力(=自然治癒力)」を高めること

鍼はり、お灸でツボを刺激し自然治癒力に拍車をかけること

不妊治療においては本来自身が持っている妊娠する力を高めること、眠った力を引き出すことと言えるでしょう。

 

ではなぜ「妊娠する力が眠っている、あるいは弱っている」のでしょうか?

・年齢

・ストレス

・体力の低下

・疲労

・不摂生な食事

・不規則な生活

・血行不良  など

 

を患者さまの問診・脈診・腹診・視診で判断し、不調の原因に関連のあるツボに鍼やお灸をしていきます。

 

例えば「胃が痛い」という症状に対し

西洋医学→胃痛緩和のための薬を飲む、ポリープ切除など

 

東洋医学→「なぜ胃が痛くなったのか」を考え、胃の不調に関連する

 

また、胃の痛みの原因に対するツボに鍼やお灸をする

 

西洋医学と東洋医学を比べるとこのような違いがみられます。

 

完全に東洋医学1本でというよりは

西洋医学と東洋医学の良いところを活かしていくことが不妊治療において重要です。

 

子宮筋腫やポリープは東洋医学ではどうにもなりません。

そこは外科的措置が最短且つ確実と言えるでしょう。

また、ホルモン補充も年齢的に時間がない場合、本当に必要な状況の時は補充をした方が確実です。

 

しかし中には薬が効かないといった方も多くいらっしゃいます。

そこは東洋医学の出番です。

 

また、子宮や卵巣への血流促進、機能を上げ、質の良い卵を作ること、内膜を厚くふかふかにすることも東洋医学でお手伝いすることができます。

 

西洋医学と東洋医学の両方の良いところを活かすことが妊娠への最短距離と言えるでしょう。

 

あとは「妊娠に向けての土台作り」をしっかりと行っていくことも忘れずに。

 

本日も訪問いただきありがとうございます!

藤が丘ティーダ鍼灸整骨院 不妊子宝専科

投稿者プロフィール

funinkodakara

藤が丘ティーダ鍼灸整骨院 不妊子宝専科


ティーダ鍼灸整骨院 不妊子宝専科

【住所】 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-28-17 T.BOX 3F
【アクセス】 東急田園都市線「藤が丘駅」徒歩3分
【診療時間】 9:00~19:00
【休診日】 日・祝
お電話でのお問い合わせはこちら


045-507-4989